0歳~3歳までのモンテッソーリ教育について

大事にしたい子どもの敏感期と変容期

「敏感期」とは、生物学者デ・フリースによって発見された、生物が生まれながらに備えもった能力を発揮する、ある限られた時期を示す言葉です。

卵からかえったばかりでまだ目の見えない蝶の幼虫が、木の枝の先端にある柔らかな新芽にたどり着けることに着目したフリースは、生まれたての幼虫に「向光性」(光に反応し、光源に向かう習性)があることを発見しました。しかしこの向光性は、成長して新芽以外の硬い葉を食べられるようになると消失してしまいます。

自然の摂理に順応して生きるために、目が見えない時期の幼虫に与えられたこの能力(光に鋭敏に反応し行動する能力)ですが、もし、生まれたての幼虫を、光の当たらないところに放置したら、その幼虫は動けずにやがて死んでしまうでしょう。蝶の幼虫が持つこの能力は、適切な環境があってこそ発揮されるものなのです。

モンテッソーリ教育の創始者であり、女医であったマリア・モンテッソーリ(Maria Montessori, 1870~1952)は、この「敏感期」を子どもの発達に応用して、人間の子どもに訪れる数々の重要な敏感期を発見しました。そして、蝶が卵から幼虫になり、さなぎ、成虫へと変容していくように、0~6歳の子どもも、人間として大きく成長していく変容の連続の時期にあるということを重要視しました。子どもの大きな変容期と重なるように、その敏感期は0~6歳で顕著に現れるからです。なかでも、将来の人格や知性の土台となる発達の敏感期は3歳までにもっとも強く現れると説いています。

敏感期にある子どもは、生まれながらにして備え持っている「自分でできるようになりたい!マスターしたい!」という欲求が現れる時期にいます。この時期の子どもは、特定の行動をスムーズにかつ完全に習得できる状態にあります。そして大切なのは、この「特定の行動」こそ、人間に必要不可欠な心身の技能を習得するための行動であり、これを生じさせる「きっかけ」が、子どもをとりまく環境の中にあります。適切なタイミングと環境が整っていれば、子どもは存分に必要な技能を身につけ、自信に満ちて育っていくことができるでしょう。

しかし敏感期とは、限られた期間にだけ開け放たれる「扉」のようなものです。この素晴らしい成長エネルギーも、周りにいる大人が気付かなければ消失してしまい、心身の技能を獲得する数多くのチャンスを失ってしまいます。

敏感期の子どもたちの姿

敏感期にある子どもたちの様子は、当園のプレスクールではこのような具合です。

あるお子様は洗濯ものを洗濯バサミで上手に挟んで干したり取りこむことを繰り返し行っています。また別のお子様は、グッと口を結んで真剣な表情…。驚くほどの集中力で上履きをつま先まで丁寧に洗っています。他にも、ハサミを使って細長い紙に細かな切込みを入れることに夢中になるお子様、角と角をきっちり重ねて丁寧にハンカチをたたむことに熱中しているお子様など、それぞれのお子様が「これ、やりたい!」と自ら選んだことに満足するまでじっくり取り組んでいます。

もしかしたら、「こんな幼い子がそんなことまでできるの?」と思われるかも知れません。しかしこれらはいずれも教師の指示によるものではありません。

上記で紹介したように、「敏感期」の子どもたちの姿には共通した特徴があります。それは…、

・卓越した集中力・夢中になる力を発揮する ・固執していると思えるくらい、何度も何度も繰り返したがる ・「もう十分、マスターした」と納得すると、その行動に興味を示さなくなる。  

一方で、環境が整っていない場合には、欲求は満たされずに興味を失ってしまいます。大事な事は敏感期にある、お子様一人ひとりから湧き出る成長のエネルギー、「自分でできるようになりたい!」という欲求を察知し、必要最小限のサポートを提供する。これが私達モンテッソーリ教師に課せられた重要な役目なのです。環境が整っていないことで消失してしまう成長エネルギーのことを考えると、このチャンスと時間をお子様に提供することの重要性を痛感させられます。

敏感期に適切な環境で育まれた子どもは…

敏感期に適切なタイミングと環境によって育った子どもは、心身共に満たされ、幸福感を感じます。その満たされた心身には「自信」が育っています。そして、できるようになるまで見守ってもらえることへの安心感で、安定した心や自己コントロールも培われていきます。さらに、自分の成長が大切にされているという尊さを体感しているので、他のお友達にも同様に優しく接する「社会性」・「思いやりの心」も芽生え、次なる成長のステージへと成長していきます。

幼児期の発達とその敏感期

モンテッソーリ教育の創始者で、イタリアの医師でもあったマリア・モンテッソーリは、長い年月をかけて子どもを真摯に観察しました。そして、子どもの発達段階と敏感期を発見し、そのときに必要な教育の在り方を体系づけました。それが『モンテッソーリ教育』です。心も体も大きな成長をとげる0~6歳の乳幼児期に適切な環境を、ぜひとも用意してあげましょう。

言語の獲得

人間は、生後すぐには話せません。『言語を吸収する本能』によって学び、徐々に獲得していきます。その際、言語の単純さや複雑は関係ありません。なぜなら、子どもはどのような言語でも習得できる状態で生まれてくるからです。日常生活の中で、複数の言語(たとえば日本語や英語など)にふれていれば、そのいずれもマスターすることができます。特に0~3歳の子どもは、言葉のシャワーを求めるかのように、「たくさん聞く」ことを本能的に行っています。そのため、3歳までに身の回りの環境にある基本的な言葉(周りの大人たちが使っている言葉)をどんどん吸収していきます。言葉のシャワーを浴びた子どもは次に、自らが話し始め、そして文字を書くこと、読むことへと興味を示すようになります。

この時期に家庭でしてあげたいこと

お子様にたくさん話し掛けてあげましょう。その際、はっきり・正確に、お子様の顔を見ながら話してあげましょう。また、小さな子に話すのだからと侮らずに(赤ちゃん言葉など使わずに)敬意をはらうことが非常に重要です。話し掛ける時には『量』だけが重要なのではなく、将来お子様に話して欲しいと思う話し方で話し掛けてあげて下さい。お子様は、語彙(単語)だけでなく、声色や話し方を通して相手の感情や人との関わり方も学んでいるのです。これらは、録音や録画したものでは絶対に学ぶことができません。また、たくさん本を読んであげたり、歌を歌ってあげたりするのも、素晴らしい言葉のシャワーとなります。

秩序感

2歳の時期に、もっとも強く敏感期が現れます。秩序とは「心身の安定と調和」のとれた状態のことで、子どもはそれを本能的に求めているのです。例えば、傾いた直線より水平の直線を見るほうが落ち着く感覚や、お父さんとお母さんが仲良く自分を見守ってくれているといった安心感、決まった時間に食事・活動・睡眠などがとれる日常生活などがそうです。このように、安定した環境と精神によって、子どもは自分という存在の位置を確認しています。仮に、このような安定した環境が得られない(無秩序)状態だと、子どもは精神的に不安定になり、かんしゃくを起したり、不安で臆病になってしまうこともあります。

この時期に家庭でしてあげたいこと

温かな家族の関係を大切にして、ご家庭で毎日決められた日課を守るようにしましょう。そして、家にある「物」が、決まった場所にある状態に(家族の誰もが、すぐに見つけられ、使ったらしまえるように)しましょう。

運動機能の向上(発達)

赤ちゃんが手足をばたつかせたり、しきりに手指を動かするように、子どもは誕生した瞬間から、自分の身体を使って「運動」を学んでいます。そして、1歳半くらいまでに「歩く」という偉業を成し遂げます。その後さらに、物を使って遊ぶ、小さな物をつまむといった、より細やかな動きを求めるようになります。ハサミで紙を切る、穴にひもを通すなど、目と指先の感覚を同時に使うこと(『目と手の協応』といいます)で、運動の調整ができるようになっていきます。これにより、自分の身体を完璧にコントロールすることができるようになるのです。

この時期に家庭でしてあげたいこと

刃物は危ないからといって、その全てを遠ざけるのではなく、お子様が安全に使えるハサミなどを用意して、一緒に使ってみましょう。また、ボール遊びなどにはたっぷり付き合ってあげましょう。

小さいものへの関心

この時期の子どもは、大人が気付かないような(または無意識のうちに気付こうとしないような)小さな虫を飽くことなくじっと見ていたり、小さな木の実を一心に摘んだりすることが大好きです。小さくて細かなものに対しての関心が非常に高いので、わずかな違いやニュアンス(雰囲気)にも気づくことができます。

小さいもの(特に虫など)に対する大人のマイナスの価値観を、子どもに押し付けないような配慮を心掛けましょう。危険が及ばない範囲で、できるだけ様々な生き物や物質に触れる機会を与えてあげましょう。

感覚の洗練

触覚をはじめ、視覚・聴覚・嗅覚・味覚といった五感が目覚ましく発達している時期です。敏感期にいる子どもは見事なほどに微妙な違いや、繊細さ、ニュアンス(雰囲気)を感じ取り認知することができます。

この時期に家庭でしてあげたいこと

微妙に異なる質感のファブリックを比べたり、よく見ないと気づかない間違い探し遊びなど『微妙さ』『緻密さ』『繊細さ』を必要として、なおかつ五感を研ぎ澄ませて遊ぶ方法を提供してあげましょう。

社会性の学習

子どもは3歳までに、家族という愛情と血縁による繋がりを理解します。家族を通して基本的な社会との関わり方を無意識に学び、その後、同じように家庭の外にある関係(社会)にも本能的に適応していきます。2歳を迎えるにあたって、家族によって守られた環境から、さらに広がった共同体(多くは幼稚園や保育園といった集団)と出会うことで、子どもは飛躍的に社会性を学びとっていきます。このため、家族と離れて初めて出会う共同体が与える影響は、大変大きなものだといえるでしょう。

この時期に家庭でしてあげたいこと

お子様はご両親をはじめとしたご家族の行動をよく見ているということを意識してください。礼儀とは相手や周囲に対する敬意・思いやる心の表れでもあり、その人の品格を示すものと言えるでしょう。マナーや言葉遣いなど、形式だけでなくその気品を伴った行動で、お子様にお手本を示してあげましょう。

おさそいの言葉

人は、膨大な情報がインプットできる一千億という脳細胞を持って生まれてきます。この脳細胞は、生まれてくる時には白紙の状態です。

言語を身につける能力を例にあげれば、子どもは生まれてから約2年間で、自分の周りにある言葉を自然に覚えていきます。さらに周囲の言葉に対してとても敏感に反応し、それらを集中して聞いています。しかし、これらの能力は一定の時期しか発揮されず、その後は努力なくして言語をマスターすることはできません。モンテッソーリは、この一定の時期にだけ発揮される能力を最大限に引き出すために、子ども自身が行おうとする集中の動作を『敏感期』とし、その時期の教育環境の重要性を唱えました。

言語習得以外にも、0~3歳の乳幼児期には、心身の発達と重なるように敏感期が訪れます(2才前後に徐々に組み合わされ、あるいは目白押しに現れてきます)。0~3歳の間に、敏感期が特に強く現れるのは、この時期に習得する知性や心身の技能が、生きていくために必要不可欠なものばかりだからです。モンテッソーリは、人は3歳になるまでの間に、人としての基礎(人間性や知性の源)がほぼ定まることを発見しました。

しかし敏感期とは、限られた期間にだけ開け放たれる「扉」のようなものです。扉の閉まらないうちに、子どもの欲求を満たしてくれる環境と巡り合えなければ、それ以後は努力して生きていくのに必要な最低限の能力や技術を獲得していくほかありません。子どもは自らの力で、ありとあらゆるものを環境から獲得していくのです。

私たち高根学園スタッフ一同は、このことを踏まえて、お父様やお母様方と話し合い、環境作りのお手伝いが出来ることを楽しみにしております。いつでもご連絡下さい。